• ホーム
  • 過度な食事制限をしても痩せないときはチートデイを取り入れてみよう!

過度な食事制限をしても痩せないときはチートデイを取り入れてみよう!

2020年05月31日
肥満な女性

ダイエットを短期間で集中して行いたい方や、大幅な減量を目標として行っている方の場合には過度な食事制限をしている傾向が見られます。計算上では消費カロリーよりも摂取カロリーが少なければ自然と痩せていくといくことが期待出来るのですが、停滞期があったり代謝が落ちてしまっていたりすると痩せづらくなっていることもあります。人間の三大欲求の中には食欲も入っていますし、食べる事を我慢する食事制限は精神的な負担も実は大きくかかっています。そこで過度な食事制限をしているのに痩せられないと感じているのであれば、チートデイを設けてみるのをお勧めします。

クロストレーナーのAYAさんも行っていることでも話題になりましたがチートデイは、自分を甘やかせる日です。チートデイはCheatというだます、反則をする、ズルをするといった言葉から作られた言葉ですが、食事制限をせずに好きなものを好きなだけ食べて良い日の事です。

せっかく食事制限をして我慢をしているところで、そんな日を作ってしまってリバウンドしてしまわないかと不安に感じる方もいるかもしれません。しかしこのチートデイには実は様々な効果があります。まず、第一に代謝を上げる事が出来ます。食事の量を減らしていれば、少ない栄養で身体を動かしていかなければなりませんので、代謝が落ちてしまいます。するとダイエットでありがちな停滞期に突入し、なかなか体重が落ちなくなります。ここでチートデイを取り入れて、エネルギーを大量に補給する事で再び代謝を上げていく事が出来るという流れです。短期間で見てみますと、一時的に体重は増えてしまうので不安になるかもしれませんが、長い目で見れば代謝を上げるためにもメリットはあります。

チートデイは精神的な面で負担を軽減するというメリットも期待出来ます。食事制限はストレスもたまりますし、食べたいものも我慢しているのでモチベーションの維持というのも必要になってきます。この服が着られるようになりたいとご褒美を設定しておくのも一つの手段ですが、週に1回程度このチートデイで好きなものを食べられるというのは実は始めてみると分かりますが非常に大きなモチベーションアップにつながります。

チートデイの設定方法は、週に1回程度で飲み会などが入っている場合にはその日をチートデイにするのもお勧めです。また食べる量を自由にするのか、食べる品を自由にするのかと言ったことは自分の普段のダイエット方法によって決めていきましょう。